1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. ODL Japan が FXCMジャパン と合併
  4. .MT4が使える業者 » 
  5. FXCMジャパン » 
  6. ODL Japan が FXCMジャパン と合併
fx-on + 24H Swing → シストレ24
fx-onよりトレードシステムの提供依頼を受け、インヴァスト証券のシストレ24に、24時間稼動タイプのトレードシステム 【24H Swing】シリーズを登録しました。

 インヴァスト シストレ24 
※シストレ24とは、インヴァスト証券が提供する、無料の自動売買サービスです。

海外のFX口座を利用する方は、CashBackForexに登録すると断然お得ですよ!
詳しくはこちらの記事を参照↓
知ってる人だけ得をする CashBackForex!

スポンサーサイト

B!



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

ODL Japan が FXCMジャパン と合併

B!



ODL Japanの消滅...

私がMetaTraderをさわり始めた頃は、世界的にも今ほど普及はしていなかったので、国内で利用できる業者など当然のように存在しませんでした。

完全な自動売買でシステムトレードを行うこと事態、日本ではあまり現実的な話ではなかったと思います。

そのような環境を打破したのが、国内最初のMT4採用業者として登場したODL JAPANでした。

初期の頃は、スキャルピング規制や、口座凍結措置などで、利用者から批判を受けたこともありましたが、お上の規制がうるさいこの日本で、先駆者として道を開いてきた功績は決して小さくないでしょう。

しかしそんなODLも、業界再編の波に飲まれ、あと一月程でその歴史に幕を閉じようとしています。

と言っても日本市場から撤退するという訳ではなく、これからはFXCMジャパン証券として、その歴史を引き継いでいってくれます。

【重要】株式会社FXCMジャパンとの合併、及び新商号に関するお知らせ

お客様各位:

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

弊社ODL JAPAN株式会社(以下「ODL JAPAN」)は2011年7月10日(日曜日)付けにて、株式会社FXCMジャパン(以下「FXCMジャパン」)との合併を実施し、FXCMジャパン証券株式会社(以下「FXCMジャパン証券」)として新たにスタートいたします。

1. 合併の目的
2011年3月31日付でFXCMジャパンがODL JAPANと同様にFXCM Inc.(NYSEティッカ―:FXCM)の傘下入りをしたことをうけ、両社の持つ経営資源を効率的かつ最大限に利用し、グローバル・カンパニーとしてより競争力のある総合的なサービスを提供すべく、早期統合することが望ましいと判断いたしました。

-FXCM Inc.について
FXCM Inc.(NYSEティッカ―:FXCM)は、2010年12月に初のリテールFX専業会社としてNY証券取引所に上場(NYSEティッカー:FXCM)しています。またFXCMは日本の金融庁を含む世界主要国の監督機関に登録され、世界的なサービスを提供しています。
FXCM International Offices

2. 合併期日
2011年7月10日

3. 合併後の会社概要
商 号:FXCMジャパン証券株式会社
登録番号:関東財務局(金商)第1718号
業務内容:第一種金融商品取引業、第二種金融商品取引業、商品先物取引業
所在地:東京都千代田区西神田3-8-1 千代田ファーストビル東館12F
資 本 金:11億35百万円
加入協会:日本証券業協会、金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会

4. 合併後のお取引について
現状のまま移管いたしますので、合併期日以降もお客様の保有しているポジションには影響ございません。
詳細が決定次第、随時HPを更新させていただきます。

5. お客様からの預託証拠金に対する保全について
これまでと同様に信託保全サービスが適用されますので、お客様からの預託証拠金については影響ございません。

6. お問い合わせ窓口
ODL JAPAN株式会社 カスタマーサポートセンター
フリーダイヤル:0120-023-400 月~金 9:00am~7:00pm

今後もODL JAPAN株式会社ではお客様により良い取引環境を提供できるよう努めてまいります。
ODL JAPAN株式会社並びに新生「FXCMジャパン証券株式会社」を何卒、ご愛顧下さいますようお願い申し上げます。

http://www.odls.co.jp/popup/20110607.html


ODL JapanからFXCMジャパンへの移行はどうなるの?

今回の合併に伴い、ODLユーザーにとって何か変更点があるかどうか、電話して聞いてみました。

まず現在の口座はそのまま有効で、7月10日以降もこのまま使用できるそうです。

そして肝心の取引プラットフォームについてですが、FXCMジャパンでもMetaTrader4は正式採用されます。

移行に伴い何か手続きは必要かどうか聞いたところ、とりあえず何も必要ないという回答を得ました。

ただ、最初はMT4の再インストールも必要ないと言っていたのですが、よくよく突っ込んで聞いてみると、「やっぱりまだ分からない、後日正式に発表されるので、そちらを参考にして欲しい」と言われちゃいました。

これ以上問いただしてもオペレーターいじめになってしまうので、質問は早々に終了。

とりあえず移行が無事完了するまでは、業者からの情報には細心の注意が必要でしょう。


B!



Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://alcsys.blog44.fc2.com/tb.php/235-c14d4ab6 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top


MT4採用業者
ミラートレーダー採用業者
Blog Ranking
Categories
Tag
Book Search
Link

このブログをリンクに追加する

Mutual Link
Access
プロフィール

j-trade

Author:j-trade
SystemTrader & Signal Provider
Twitter Icon
by Twitter Buttons

Mail

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

Archive
最新コメント
RSS
ブログパーツ


最新記事
よく読まれている記事
アクセスランキング
fx-on
システムトレードポータルサイトfx-on.com

株式会社ゴゴジャン ダウンロード用商品 出品者様募集

テラス 利回りランキング
MT4・シストレ関連書籍

FXメタトレーダー入門
FXメタトレーダー入門―最先端システムトレードソフト使いこなし術 (現代の錬金術師シリーズ 56)

MetaTraderの入門書です。
自動売買プログラムの基礎も勉強できます。


FXメタトレーダー実践プログラミング
FXメタトレーダー実践プログラミング (現代の錬金術師シリーズ)

待望の続編がいよいよ登場!
今度はMetaTraderの実践編です。
これを読んで自作EAを完成させよう!

ブログパーツ
あわせて読みたいブログパーツ
スカウター : 【FX】システムトレードするならMetaTraderでしょ track feed
BBS7.COM
MENURNDNEXT
QLOOKアクセス解析
フィードメーター - 【FX】システムトレードするならMetaTraderでしょ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。